◎                        おもしろ格言集                            ◎

        Don・Vito   おもしろ格言集      

 

 

 

 

 

                      学問=現象や仮説を検証して物事の本質や真理を探究する事 

 

                 

                                                                 手は手でなければ洗えない ゲーテ

                                                                 世の光り地の塩となれ        聖書

                                

 

 

◎ フロンティア スピリッツ 開拓者魂 冒険心 研究開発  創業と改善  日はまた昇る ネバー ギブアップ

 

魂のこもった青春はそう安易に滅んでしまうものではない ハンス カロッサ

 

意志ある所に道は開ける リンカーン  アインシュタイン   ニーズがあれば供給が必要とされる 三浦二三男 

 

何事も前人未到の領域は 立ち向かう勇気がなければ為し遂げられない 虎穴に入らずば虎児を得ず と 言えり

 

読めば想像をかきたてられるのが文学書 いくら読んでも想像もつかないのが教科書  想像力を育む人が先生

 

調べれば解る事をあえて暗記する必要はない アインシュタイン  暗記や記憶力だけでは未来は見通せない

 

先を見通すには観察力や洞察力の知性が必要となり 珠に交れば赤くなり 主に交れば賢くなれる 三浦二三男 

 

経済学の本は四行読むと眠くなる  小田中教授  良い読書は視野を広め 思考を深く拡大してくれる 三浦二三男

 

研究や恋愛には試行錯誤が必須です ある意味で人生には無駄は付き物です 努力は苦い しかし その果実は甘い

 

大事なものは箱に入れられ蓋がされてます 研究も同じで行方も知れない失われたアークを 探しに行く様なもの

 

西澤研究室の三原則 ①人のやってないことでなければならない②他に遅れてはならない③間違ってはならない

 

創造の基礎は 過去の学問を深く理解すること 運があっても 努力に裏打ちされないと 運は生きない 西澤潤一

 

先端研究は常にあと一歩のひらめきを得るために行われる  三浦二三男  夢を追い続ける限り青春 さとう宗幸

 

難しいことほど達成した時の喜びは大きい 下村脩 博士 ノーベル化学賞  万里の長城を頭の中に作れ 西澤潤一

 

こうやればこう言う結果がでます というのは科学ではありません ノーベル賞 生物学博士 大隅良典

 

科学的研究手法1素材や現象から問を立てる2仮設を形成する3実験・検証する4 結果を評価5 論文にして報告

 

求む男女 ケータイ圏外 僅かな報酬 失敗の日々 ただし成功の暁には知的興奮を得る 学生募集 東大 佐藤克文

 

笑いの中にも謙虚さや照れのないユーモアは笑えない 反対におごり高ぶった言説やギャグは嫌われて笑われる

 

見るのではなく観よ 話すより聞け 自からを笑える者は他人に笑われない ユダヤ タルムード

 

親の意見と冷や酒は後から効いてくる 千葉善昭 若い時は伴侶が温め 歳取ると一杯の酒が温めてくれる ゲーテ

 

およばぬ者は誹る(ソシル)=立場や論旨が危うくなると屁理屈で他の属性や人格を中傷する 非科学&非聖書的

 

天は自らを助ける者を助ける『自助論・西国立志編』サミエル・スマイルズ 聖書 人は生業に基て力を発揮する

 

多くの葛藤や軋轢は労働や学び・活動の中に生じる 聖書   教育は苦いしかしその果実は甘い アリストテレス

 

自分の肩書きを人に教えようとする人間はすでに自分の人格を傷つけている  ユダヤ タルムード 

 

何のために生きるのか=日々代謝と循環をして時代と環境に合わせ生き 主の思し召しを知り賢く進歩するため

 

大地に憤懣は満ちみちている 北杜夫 万古不易の日常の中を 司馬遼太郎 人類は日々歩んでいる 三浦二三男

 

世の中は小さくも必然な無数の歯車と 現実という大懸りな歯車で回ってる 神は細部に宿りその歯車を廻してる

 

いつの時代も歴史を作るのは人間で そこには聖霊の導きも悪魔の囁きもあり その弁証法的発展の先に神がいる

 

貧しき者は幸いである 神は遅れて来た者のためにいる 主を信じなければ永遠に満足する事はない 三浦二三男

 

長かろうと短かろうと我が人生に悔いはない 石原裕次郎 旨かろうと不味かろうと我が板前人生に食いはない

 

人生の意味は自分で作り出さなければならない 医学博士 きたやまおさむ  個性は努力の賜物 広島・ 衣笠祥雄

 

好奇心と好きこそが天が与えた才能の始まりでどの才能を活かせるかは自己の研鑽と神の意向・天の配剤で決る

 

君は自由だ 選びたまえ つまり創りたまえ サルトル 見つける事 創る事の 研究者ハイという醍醐味があります

 

創造することこそ 人工知能には出来ない もっとも人間的な活動です 若宮正子 称賛 そして愛と喝采の人生

 

開拓者精神によって自ら新しい世界に挑み 失敗 反省 勇気という三つの道具を繰り返して使うことによってのみ 最後の成功という結果に達することが出来ると私は信じています 本田宗一郎

 

我々は 最初から苦しむ方向をとったから あとは楽になった 真似をして楽をしたものは その後に苦しむことになる 研究者として大事なところはそこだろうと 私は今でも考えている 本田宗一郎

 

遺伝子とはDNAとRNAの謂因縁故事来歴です そして子供は新しく良い遺伝子を求めに生まれ来て恋をします

 

成りたい自分を目指し憧れの異性を選べば遺伝子は変って行き すべての教養の根本には偉業と歴史学が有ます

 

幸運の女神は勇者を好む☆研究者界のことわざです 神は狡猾でなけれど老練だ アインシュタイン

 

◎人類は動詞や感嘆詞で伝わる経験や体験はDNAに刻みBe動詞で表わせる史実は史文や史跡として残して来た

 

魂・ハート・心「本能」はDNAの総体(ゲノム)により成りたち 生体は(腹の虫)腸内細菌が司ってる 三浦二三男

 

相手のことが理解不能な時はミトコンドリアDNAに訊くこと 世の中の事が理解不能な時は聖書を紐解くこと

  

鉄路が復活して初めて復興の入口に立てる「甦れ気仙沼線」2016年12月10日宮城・福島県境常磐線復旧の日

多くの祝福を受けた約束の地インバウンド観光で宮沢賢治のJR「銀河鉄道の夜」を仙台から八戸まで走らせよう

 

永続的な復興には設備投資・開発投資・公共投資の先行投資が必要とされます 高品質や革新的技術は普遍的な評価や賞賛が得られます  研究とは未知なるものを既知に変えること  三浦二三男

 

運もハコブものなのでエルギーが必要です 時に努力という燃料補給が必要です  Don・Vito・Fumione

 

われわれが何かを成し遂げようとしてるとき ルールなどない トーマス・エジソン

 

挑戦し続けることで選択肢が増える 出来るようになる唯一の方法は始めること カイル・メイナード

  

未来はすでにここにある 均等に行き渡っていないだけだ ウィリアム・ギブスン 

 

必死に改善し 常に正直に そしてベストを尽くすこと 自分が今取り組んでいる問題をしっかり見つめ続ければ幸運が訪れ解決法が見えてくる グレアム・ファーカー     神は細部に宿る ミース・ファンデル・ローエ

 

功を弄して拙を成す  知識の無い所からわいたボウフラのようだ(漱石) 基礎無くして独創なし  愚者の楽園

 

砂の上に家を建てはならない 砂上の楼閣 岩の上に種を蒔いてはならない 四つの種  聖書      賢者の楽園

 

時々 視野も言語野も生まれた時のままの人を見かける 主観的真理に固執する者は自己神化に終わる・信仰告白

 

初めに言葉ありき言葉は神ともにあり言葉は神なりき 聖書  自からの発言は形を変えて言霊となり帰ってくる

 

(過剰な) ナショナリズムとは劣等感と不義を結んだ祖国愛である 『歴史学の将来』 ジョン・ルカーチ  

 

ただの迷子なのに自惚れを信じ国を挙げて非難する人々が 国の威信を賭けてその場しのぎの嘘を塗り重ねてる

理屈と膏薬はどこにでも着く ダニング/クルーガー効果の高い国・ブランド価値は買い手側の評価で形成される

 

韻も平仄も合わぬ破調の歌は詩と言わず 更に辻褄も合わぬ精神勝利とかの オタンコナスの与太話も論外です 

 

愚か者は自分を賢者だと思い込むが 賢者は自身が愚か者だと知っている『 お気に召すまま』 シェークスピア

 

記事にされたくないことをするのが報道というもの それ意外は広報だ  作家 ジョージ ・オーウェル

 

恥には消ゴムやデリートで消える物 顔を洗って出直す者 旅の恥は云々とか 悔い改めて消える物事があります

 

世の中のことはそう こっちが思うほど埒があくもんじゃありませんよ『吾輩ハ猫デアル』漱石

 

世の中にはトラブルメーカー・問題製作能力の高い人とサクセスメーカー・問題解決能力の高い人の二通りいる

 

私達は何度も失敗することを知っています しかし それが進歩する唯一の方法です  マーク・ザッカーバーグ

 

成功の半分は忍耐(準備)だ ユダヤ人の格言です 始めよう練習と科学が不可能だった事を可能にしてくれます

 

強く求めよ 試行錯誤が終わると次の方向性が見えてくる 忍耐は練達を生み 練達は希望を生む パウロ 聖書   

 

多くの人の生涯にわたる願望は本来 悲願に過ぎない 叶うかどうかは 日々の研鑽と 天の思し召しによる 

 

山が高いからと言って引き返してはならない 行けば必ず越えられる 横綱 白鵬

 

逃げるのは簡単だ でもずっと逃げ続けるのは結構大変だ 宮内亜花李  継続は力なり

 

知恵とはなにか 次になすべきことを知ること 徳とはなにか それを実践すること 聖なる影 アニー・ブゼル

 

土地がいくら豊穣でも耕作しなければ収穫はない どれ程肥沃な平原でも木を切らなければ牧場にはならない

                                                         「聖なる影」『アニー・ブゼル』三浦二三男 

 

順風満帆に行ってほしい ただ ずっと順調なんて有り得ない その時に土俵際で粘る力を養いたい 月亭八方

 

登山家とは 山に登り 本を読み 物を書くこと 登山家 根深 誠  面白いことを言ってると面白いことが起きる

 

倒行激至(史記)思考力・判断力・表現力を養う(文学部)エホバを畏るは知識の本なり(東北学院図書館の石柱碑)

 

萩本欽一の【運の分類】運になる→努力や苦労が運となる 運がある→運の貯まった状態の事 運がくる→人との出会いで運がやってくる

 

皆が得しようとしている 得をすると運が無くなる 逆に損をした人には運がくる それでチャラになる 萩本欽一

 

元気が無くなるような要素が 1つでもあると物事はうまく行かない 売れるかどうかは才能ではなく運 萩本欽一

 

天は意味のない才能は与えない 迷ったら原点に戻ると次の展開が見えて来て 誰か先人の運が巡り与えられる

 

楽して得したいと誰しも思うが基本それは無いようです「狭き門より入れ 広き道は滅びの道」聖書 だそうです

 

一歩踏み出せばその分前途は拡がる 求めよさらば与えられん 結果 神がきめた事 よってひとを憎まず羨まず

 

知性と思慮がなければ何でも言えて 恥知らずにも怖いもの知らずにもなれる。アキレタボーイズ&ガールズ

 

旧制高校に比べ知識こそ学の入口でしたが知性は歴史的経緯を踏まえる事が重要と知る(アリストテレス的学問)日々の研鑽が次の付加価値を生む1968・11・17(歌津民俗資料館設立主旨)歌中史

 

洋上では信じるより確かめろ そうすれば事故は未然に防げる 塩竈市 鈴木信雄 元北転船 船頭

 

「牛のように進め」馬より牛の歩みが必要 世の中は根気の前に頭を下げるのです 漱石  芥川龍之介への手紙

 

おもしろい小説の三要素 1物語の展開 2人物への共感 3文章の味わい などを作家のセンスで紡ぐ 三浦二三男

 

事実はいつも輻輳して面倒だ そして 真実は小説でなければ伝わらない 読者はいつも真実を知りたがってる

真実もまたいつか書き手が現れるのを待っている 作家 清武英利  想像力が足りないと人生も文学も味わえない

 

言葉の芸術としての歌は人間の営みだ その人間は過去や未來の時間を包含し 同時にいきものとして世界と交流している 歌人 大井 学    芸術性の高い作品には芳醇で鑑賞者が人生を愛するための陶酔感がある 三浦二三男

 

作品を生む力は作品にある 豊かな創造はお金や名誉から生まれない 子供の頃に見た職人の仕事が原点になっている いつも最初にあるものは 楽しいものを作りたいという気持ち いいなぁと思うことが出発です 南 伸坊

 

物作りは自然と共にあり 色々な事を受け入れながらも前に進む力があるから 良いものができ人の強さを生んでいると思う クラフト・サケ・ウイーク 中田英寿 どんな物事でも学ぼうとする者は天に愛されます 三浦二三男

 

説話の中にキラッキラッと光る本物があるそれらを繋で一つのストーリーにするのが作家の醍醐味 北方謙三

 

過ぎたるアホは猿にも及ばず=過ぎたるは猶(ナホ)及ば猿が如し 過ぎたるは「 イマサラ次郎」も有ります

 

人のやる事を邪魔するのが生き甲斐のひとがいる その者はカインの末裔として呪われ 栄光は永遠に訪れない 

 

人は聖書に触れ「悔い改めない」とその一生は妬みや呪い葛藤を抱えた「カインの末裔」として虚しく終わる 

 

人を呪わば穴二つ 復讐するは我(神)にあり 聖書  月に叢雲花に嵐の喩えの有る如く夜半に風の吹かぬものかわ

 

信じざればこの天が示す森羅万象の不可思議を理解する時なし=「信じる者は救われ」その呪いから逃れられる

 

とても残念ですが時に真実でも皮肉を込めないと伝わらない人もいて作家とて哀れみを感じ悲しいものなのです

 

物語を創る者は創造力で悲しみを癒す そして 尽せぬ希望を与える 物語の正典で愛を語るのは聖書です

 

強者が正義を持ち 弱者は守られ そして平和が維持されるという 法治の新しい世界を目指す ジョンFケネディ

 

分からない人を相手にしても しょうがないと思うが それでも粘り強く言っていく 元首相  小泉純一郎 

 

夢がなければ理想もない 理想がなければ計画もない 計画がなければ実行もない 実行がなければ成果もない

故に夢がなければ成果もない 吉田松陰 三宅義信     夢を叶える為に脳がある 東京大学薬学部 池谷裕二

 

「大統領職を非常に楽しんでいる。常に難題はあるが、人生と同じだ。私はとても良い仕事をしたと思う」

 ドナルド・トランプ 就任100日目の言葉  人生の醍醐味or使命の達成感か

 

民主主義とは封建制や独裁制のあらゆる生得的な特権者を否定する原理で すべて神の前に皆な平等と言うこと

 

ナポレオン戦争以来近代民主社会が獲得したもの 1 国民の政治への参加 2 基本的人権の保証 3 権力の分立

 

いくら志の高い議員でも 本当に強い思いを持たないと シメシメ感に流されてしまう だから政治には監視と注目が重要 塩村都議 君子 財を愛す これを取るに道あり 白隠禅師 経歴が超一流でも人物が一流とは限らない

 

自惚れと瘡っ気の無い者や大工っ気と泥棒っ気のない者はいない 相原盛夫 正しい者は一人もいません・聖書

 

これからの議員に求められる資質とは 政策を作れない人 課題の解決策を語れない人を選んではならない

 

千両の馬にも難はあり 所詮人間も出来損いの生き物だ 田中角栄 悔改めず驕り高ぶればすぐポンコツにされる

 

なに事も一朝一夕には成らない 何をするにも人・物・金と準備が必要だ 田中角栄 ローマは一日にしてならず

 

某政党は利権という永久機関・原子力エンジンを持っている しかし 時々メルトダウンと放射能漏れを起こす

 

愚行も極めれば賢者に成るを得ん ウィリアム・ブレイク 人類は社会主義という愚行を試して賢者に成るを得ん

 

君たちは権力も知恵もお金も持っている 無自覚に他者の自我を害しないようにしなさい  漱石 官僚の卵達へ

 

心の清い者は幸いです その人は神を見るからです 聖書   成功や栄光は試練の時や天の時に努めた者に訪れる 

 

花はあだ花でも一時 咲くことがある しかし いい事めかし しても神が望まぬ事は そう長く続かず上手く行かない そして自滅することがあるそうです   

 

洗練され ピュアで混じり気が無く 自分の形を作っている者が本物で一流となる 二流には二つの 三流には三つの 混じりっけと足りないものがある   

 

一流は自分を過大評価せず常に挑戦者魂を忘れない 野村克也 神は細部に宿り うまく行く者にはそつがない

 

選ばれし者には誰にも神の試練の時がありそれを正しく乗り越えれば達成感を得たり天命を知ることがあります

そして伝える事が使命となる人がいます=神の愛であり天の恵みです

 

株取引では1月2月3月が危ない さらに5月と7月11月に注意が必要だ そして4月6月8月は油断しないほうがいい また12月と10月9月が最も危ない マーク・トウェイン   

 

情報と知識・想像力が有れば三歩先が読める Netの可能性・情報処理能力とBusinessの世界制覇  don・vito 

 

酔っている人物が信頼出来る人物だった場合 その人物はどんな局面でも信用できる プラトン

 

人は理性でなく感性・情緒で生きいる 日々理不尽な事が起き割り切れぬ中 一杯の酒でその憂さを晴らしてる 

 

作家とは自由にうそがつける仕事  埴谷雄高     科学者とは自由にうそがつけない仕事  三浦二三男

 

知識は学習から 知性は研鑽によって 良い知恵は神を畏れる事を知ることによって得られる 三浦二三男  聖書

 

才能は静けさの中でつくられ 性格は世の激流の中でつくられる ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

 

世代の進歩=「必要は発明の母」で進化する  20世紀の日本と米国は人類の生活に長足の進歩をもたらした 

 

人生の意義=恋と芸術そして結婚『吾輩ハ猫デアル』漱石(ゲーテ格言集にも有り) 私は冒険(研究)も加えます

 

人生の成功=神の意向に添うプランニングが必要で さらに恋をし愛してみなければ 人生の意味は学べない

 

耳ある者は聞くべし 金ある者は遣うべし ゲーテ ノーベル賞は神の意向に沿った功績に与えられる 三浦二三男

 

オリンピックは参加することに意義があり 人類の社会への参加も=お金を遣うことに意義があるようです

 

ラテン語で話すと何でも立派に聞こえる 誤るのが人間である・古代ローマの金言 故に間違わなければ人に非ず

 

ひとは日々の糧を自から得て楽しく過ごすよりほかに良いことはない 聖書 恒産なければ恒心なし

 

天下の素浪人ほど気楽なものは無し小生は常に恒産を擁したる浪人たらん事をのみ切望致居候  漱石

 

静かで質素な生活は 絶え間ない不安に縛られた成功を追い求るより多くの喜びをもたらす アインシュタイン

 

人類が日々ただ怠惰に流されてコタツの運転手だけしていると天は時々テレビのリモコンを隠す  三浦二三男

 

リタイア後に有意な免許資格・コタツの運転免許・テレビのリモコン操作1級とエアコンのリモコン操作2級

 

粘り続けられるのも実力のうち  努力が報われるか否かは必然性と 神の思し召しによる   

 

やる時は徹底してやらないと物事は成就しない けして諦めないこと ネバー ギブアップ 

 

いい詞には曲が備わっていて読むとそれが鳴るように思える 山下久美子  21世紀はテクノクラートの時代

 

人生はダンシング ヒーローうまく行かない時は 回って回って回って踊り ハイ ハイ ハイ はい成功 イェーイ

 

何もかもうまく運ぶことが いい結果になるとは限らない ちょっと立ち止まって考える時期もあれば 何も考えず がむしゃらに走っていく時期もある その両方が人生を作っていく 常に予測できない面白さがあるのが人生

竹内まりや   それが創作に結びついていると思われる

 

音楽は空気に触れると化学反応を起こす 学校で曲をかけて誰かが いいなぁ と言うと周りも いいなぁと言う

歌を共有すると連帯感が生まれる 都倉俊一    努力するからこそ神からご褒美がもらえるのかな  中村雅俊

 

ビバルディがいなければバッハは生まれていないし、バッハを聞いたモーツァルトがいなければべートベンは生まれていない ベートーベンがいなければワーグナーもブラームスも生まれていない 葉加瀬太郎

 

本を読むという経験は時間と空間を越えるようなもの 思想書や随筆なら著者の思考や心象風景の森に分け入る旅になる 小説ならときに時代や国も違う登場人物の傍らに息を潜めてそっと立ち会える  松村圭一郎

 

シナリオを書くとは 忍耐だけが頼りの仕事 橋本忍  神は細部に宿る エピソードは丁寧に描くこと Don・Vito

 

仙台で集客が伸びる映画はヒットする 映画界のジンクスだそうです 人生の究極の喜びは物事がうまく行くこと

 

映画は人の垣根も国の垣根も取り払ってくれる 淀川長治  積み重ねれば情報は知識になり知識は教養になる

 

志しを持てば実力以上の力が出る 映画の神様が導いてくれる感じです 大地康雄 努力すれば天から褒美がある

 

辞めたら終わり才能っていつ花開くかはわからないものなのだ 蜷川幸雄  未來は挑戦者への神の恵で作られる

 

諦めずに続けていれば何かギフトが届く芸能界には夢がある 山口紗弥加 努力か才能かで一芸の自灯明を燈そう

 

挑戦する精神があると過去の財産も輝くと思う 由紀さおり 人は無いものには関心がなく期待も熱意も湧ない 

 

主が貴方と共にいる事が良く分かった 井戸を掘り続ける勇気 聖書 平和には戦争以上の忍耐と努力が必要です自然と人 人と人との和解を探る意外 我々が生き延びる道はないだろう NGO ペシャワール会  医師 中村哲

聖書の教え・人生や研究には 躓きの石にこそ 物事の本質や真理が含まれている事があります 三浦二三男

 

始めに言葉ありき 言葉は神ともにあり ヨハネの福音書 人間も言葉と共に生き成長します 三浦二三男

 

それぞれの存在意義 講談は詐話 小説は物語 TVは送信される幻影 NETは繋がる情報 映画は映像と藝術の魔法    

笑いは健康にも大事で 笑いがあれば大体はうまく行き 出来すぎた話しは笑えてみんなが好む 井上陽水

 

寅さんと渥美さんのキャラクターの重なりについて 渥美さんは読書家でクールな人 でも 話してるとおっちょこちょいで世話焼きの寅さんが中にいるんだな というのがわかってくる 笑わせて泣かせる 山田洋次

 

山田作品の根底にあるものとは どんな人でも角度を変えれば滑稽な部分がある そういう見方をすることで その人の温かみをみていると思っている 山田洋次

 

長編映画は監督が神で ドキュメンターリー映画は神が監督だ  アルフレッド ヒッチコック

 

人は良くも悪くも仔細に見れば聖書の範疇に生きている 聖書にはDNAに書ききれない体験と教訓が書いてある

 

人は誰もが孤独であり さらにお互いの無理解にさいなまれます 時につながること 支え合うことが必要です

 

本気であれば個人的な思いも普遍性をもち 格好をつけず弱いところもひっくるめて自分だと認める強さ そうして自分の本音ととことん向き合えば 人の気持が理解できるようになってくるのを知った  馬場典子

 

芽が出るか否かは一握りのスター選手以外は理不尽な事に耐える我慢強さを持ってるか否かが大きい 星野仙一

 

自分の感性に正直に向き合い 実戦やトレーニングでは身体がどう感じるかを優先し 無駄やストレスを省くことに腐心した 反復に耐える粘り強さに加え わずかな違いを感知する鋭さを絶妙のバランスで両立することが出来た 何事も自分の形をつくっていない人は結果をだせない マリナーズ イチロウ

 

努力は人の見てないところでする 努力を重ねれば人に見える結果が出る 長嶋茂雄 務めし時と天の時が有ます

 

研究も人に見えないところでする 成果を重ねれば人に見える結果に表れる 三浦二三男  継続が成果を積上げる

 

想像力がなければ天使の姿は見えない 谷川俊太郎  ピンチはチャンスで 好プレイや英雄ヒーロー達の見せ処 

 

恋愛とはDNA:魂の邂逅と命の引継の可能性です出逢いが嬉しく愛おしく切ないから大切な人なのです 大島道子

  

愛こそすべて と聖書にあります 真の愛なら出愛の喜びに始まり 死がお互いを別つ愛愁まで続きます

 

神は愛です 愛にとどまる人は神の内にとどまり神もその人の内にとどまってくださいます ヨハネの手紙 聖書

 

人生は後半が勝負 上手にフィナーレに持って行くのが医のアート  日野原重明   思い出し笑いは幸せの記憶

 

懐かしさは明日への活力 南こうせつ 良縁は唇に甘く歌にもなるが 雨の降る日は天気が悪く 悪縁も後味が悪い

 

ナザレの人の教えと奇跡を信じる人は幸いです その人は報われて恵を受け 復活と永遠の命が約束されてます

 

生まれたときは裸一貫で 唯一持って来たのはDNA・魂だけ やがてその心も置いて去っていきます 三浦二三男

 

和をもって貴しとし 笑いをもって和やかとする 歌でもって賑わし 踊りでもって喜びや愛愁を表す=大和魂

 

人生の泣き笑い=笑いながら生まれ来たひとは一人もいません。笑いながら去って行く人も多くはいません。

 

好奇心を持ち 諦めないことが大切 想像力を発揮して未來を築こう スティーブン・ホーキング博士 

 

理性・科学・進歩・人間性の理知と共感による啓蒙主義が人類の繁栄を促す スティーブン・ピンカー

 

少にして学べば 壮にして為すことあり 壮にして学べば 老いて衰えず 老いて学べば 死してその名は朽ちず

 

形の有るものは何時かは壊れる 先住アイヌの諺  負けの九割は自滅  主に従えば永遠の命が与えられる 聖書

 

時代の流れは神が定めたもので 人間にはコントロール出来ない  エレミヤ書  

 

生物が生き残るのに重要な事は多様な環境の変化に適応すること 柔軟に変わり続けるのが生きる戦略 更科 功

 

人生は旅にも喩えられ 時にラッシュや渋滞にも巻き込まれます 予めオイル交換や燃料補給の準備が必要です

 

人生にも賞味期限や耐用年数があります 時々心身ともにリフレッシュの 養生やメンテナンスが必要です

 

生まれ来て 見て聞いて味わうために働いて その時代を生き 傷つき困っても 主を受け入れし者は救われる 

 

喜びには晴天に洗濯が出来る事 梅雨入に田植が出来る事 秋の稲刈りに晴る事 凪で出漁できる事などが有ます

 

老兵は死なず消え去るのみ D・マッカーサー 人は追憶の中に生きます そして逝く時は誰もが「夢の途中」です

 

功成り名を遂げた人にも やがて天から与えられた幸運や遺産を返すとき 神にその栄光をお返しする時がきます

 

よの終わりは突然きます 夜中に盗人がくるようにやって来ます 聖書 よの終わり=全世界ではなく各人の終末

 

それでも残されしこの世には 風は吹いていて 羊は集い 答えはいつも迷える子羊達の聖書と 風の中にあります

 

不屈の精神・中  可能性の追求・高  本質・真理の探究・大  オリジナル作品の構築と研究開発・現在